Top,ホーム News,コンサート等各種お知らせ Profile,NAOコーラスグループ&近藤直子 Lessons,教室案内
 
第22回演奏会   10・11月練習予定
すみだ音楽祭2018   10月エクササイズ
訃報   10月音楽基礎講座
海の日ジョイントコンサート    
       
 

近藤直子インフォメーション

このサイトでは合唱指揮者・近藤直子の活動に関する話題、コンサート、イベントなどの案内、また 近藤直子が指導するNAOコーラスグループのさまざまな情報をいち早く皆様にお届けしていきます
 
 

 第22回NAO(なお)コーラスグループの演奏会も無事終了しました。いつになく重責から解放されたような気持ちです。本番に向けて、昨年の10月から練習を始めました。残念ながら数名の方が出演出来なくなり、ここ数年の現実が垣間見られます。
 メディアでは高齢化社会到来と生活環境の変化を簡単に表現しますが、生易しいものではありません。ご自身も含め、怪我、病気、入院、介護、訃報…こうした話が尽きず、明日は我が身と心しています。何をするにしても「もう、ダメ」「ここは、頑張ろう」の繰り返しだとも伺いましたが、リラックスの中にも底力が発揮できる合唱団を目指しています。

 今演奏会ではプログラムをコンパクト(評判の良かったチラシのデザインをそのまま使用)にしました。アンケートの返りも30通ほどあり、「感動した」が7割近く占め嬉しくなりました。
 「ウルっとした」「初めて耳にする曲ばかりでしたが、とても優しく時に力強く耳になじむすてきな演奏でした」「うた声がきれいで、シンバルがかっこよくコーラスの声が一つ一つまとまっていた」「パワフルでした。声がとても生き生きとしていました」「ラター『マニフィカート』歌いたいですね」「マエストロ!すてきでした!」「来年もきます」…たくさんのご声援、本当にありがとうございます。
 「マニフィカート」はオーケストラとコーラスの旋律の重なりが少なく、合わせた際の一体感はひとしおです。特に、ラテン系を思わせる各楽器の繰り出すリズム・テンポとコーラスのハーモニーは、お客様の心に届いたようです!日頃の練習の成果が発揮出来てホッとしました。

 次回はやはりリズムに特徴のある「ジャズ・ミサ」を経て、スケールの大きな演奏会に参加します。曲目は、ハイドン作曲「四季」(ドイツ語演奏)です。練習も楽しみです。
Last Update 2018/10/1
Copyright(c) 2004 KondohNaoko Information. All rights reserved.