Top,ホーム  News,コンサート等各種お知らせ Profile,NAOコーラスグループ&近藤直子 Lessons,教室案内
 
  すみだ音楽祭2019   8・9・10月練習予定
  海の日ジョイントコンサート   8月エクササイズ
  ハイドン「四季」公演   8月音楽基礎講座
  NAOコーラスグループ公演のお知らせ  
  毎年恒例の合宿    
    エクササイズ研究発表会    

近藤直子インフォメーション

このサイトでは合唱指揮者・近藤直子の活動に関する話題、コンサート、イベント等の案内、また 近藤直子が指導するNAOコーラスグループの様々な情報をいち早く皆様にお届けしていきます
 
 

 8月18日(日)すみだトリフォニー小ホールにて、「すみだ音楽祭2019」に近藤直子先生指導の東京べートーヴェンクライスが参加しました。決して無謀だとは思わなかったのですが、何と喜歌劇「こうもり」の超ハイライト版をもっての公演でした( 写真)。

 「こうもり」は1874年にアン・デア・ウイーン劇場にてヨハン・シュトラウス2世により初演されたオペレッタで世界的にも超有名です。ウイーン国立歌劇場では大晦日には必ず上演され、お正月に日本でもテレビ中継されるニューイヤー・コンサートと一対の関係にあります。
 演奏時間は馴染みのあるウインナ・ワルツの出てくる喜歌劇のシーンが素材のため、凝りつくした演出やアドリブが頻発され、長めの傾向にあるものの、基本的には序曲を含め全3幕の2時間30分ほどで上演されているようです。当合唱団では逆立ちしても演じられない作品です。
 前述した通り、聞きごたえのあるウインナ・ワルツのメロディーは各国有数のソリストにより歌われています。それを合唱曲としてアレンジし演奏されているバージョンもあるようです。

 しかし今回は、生涯で1度でも良いから、触りの部分だけでも経験出来たらどんなに素晴らしいだろう、という各団員への心づもりが強くあり、編曲を増田先生に、かつMC・台詞づくりを近藤先生に願い出て、前代未聞の超短時間の「こうもり」が日の目を見る事となりました。
 お蔭様で7割近くのお客様がお出でになり(NAOの応援ありがとうございます)、兎にも角にも支障を来さない様に墨田区合唱連盟の関係理事の皆様のお骨折りに応えるべく、精一杯の舞台を努めました。多くの皆様から「面白かった」と異口同音のお言葉を頂き、ひたすら感謝です。
 正直なところ、平均年齢が恐らく80才に近い合唱団ですので、歌と台詞のバランスをとるのに大変な苦労があったと思います。ギリギリ暗譜で通せたのも日頃の練習の成果ではなかったかと思います。ひたすら暑い8月ですが、一時の涼をすみだで取れ英気を養うことが出来ました。
Last Update 2019/8/21
Copyright(c) 2004 KondohNaoko Information. All rights reserved.