Top,ホーム  News,コンサート等各種お知らせ Profile,NAOコーラスグループ&近藤直子 Lessons,教室案内
 
  足立区文化功労者受賞
祝賀会
  11・12月練習予定
11月エクササイズ
  歓喜の演Vol.18合唱団   11月音楽基礎講座
  足立区文化功労者表彰  
  ハイドン「四季」公演  
  すみだ音楽祭2019    

近藤直子インフォメーション

このサイトでは合唱指揮者・近藤直子の活動に関する話題、コンサート、イベント等の案内、また 近藤直子が指導するNAOコーラスグループの様々な情報をいち早く皆様にお届けしていきます
 

近藤直子氏の足立区文化功労者受賞祝賀会が開催されました
「歓喜の演Vol.18合唱団」の演奏会が開催されました
近藤直子氏が令和元年度足立区文化功労者として表彰されました
ハイドン「四季」公演の写真を掲載しました
すみだ音楽祭2019に東京べートーヴェンクライスが参加しました
第19回海の日ジョイントコンサートが開催されました
ハイドン「四季」公演のチラシを掲載しました
NAOコーラスグループ公演のお知らせを掲載しました
5月25−26日、恒例の合宿を実施しました
声を育てるエクサイサイズの「第16回研究発表会」が開催されました
これまでの近藤直子のお便りはこちらからどうぞ
 

 令和元年10月12日に伊豆半島に上陸し、関東地方へと北上し続けた台風19号は余りにも衝撃的でした。レーダーに映し出される赤い雲の塊がもたらす雨量はバケツを連続してひっくり返すほどの威力です。そこに風速が加わるのですから、まさに暴風雨です。
 まして9月中旬に台風15号が東京湾から千葉市に上陸、多くの家屋の屋根が吹き飛び電柱がなぎ倒され、土砂災害や停電、断水などの被害からの復旧が叫ばれている最中です。

 この未曽有の台風襲来に先立ち足立区ではいち早く各施設の休館の方針を固め、第39回合唱祭も中止なりました。合唱連盟始まって以来の出来事です。700名ほどの各合唱団の参加者かつ当日のお手伝いの皆様にもお知らせしなければならず、関係各位のご尽力に感謝です。
 そんなおりに台風21号、23号が発生し、週末の「歓喜の演Vol.18合唱団」の演奏会にも暗雲が立ち込めましたが、演奏会が中止になるような事態だけは何とか免れました。

 演奏会当日は晴れて、日中は気温も20℃を超えて汗ばむ陽気でした。演奏曲目はバッハ作曲「カンタータ147番」とJ.ラター作曲「マニフィカート」です。平成31年の1月下旬から42回程の練習を重ねて、一般区民公募による70余名がプロの演奏家と共演しました。
 「よくぞあのように構成、演奏ができるのか、体がふるえました」との一報が終演後メールでありました。プログラムにも記しましたが、確かにJ,S.バッハの教会カンタータ演奏日が「聖母マリアのエリザベト訪問の祝日」であり、まさに「マニフィカート」はその祝福を意味します。

 管弦楽、声楽のソリストの協演は如何でしたか。また、コーラスが奏でる祝福の音楽は字幕とも一体化出来たでしょうか。
 「コーラスが入るとホールが歓喜に包まれたように感じました」
 「プロと区民の方が一緒に歌われて完成度が高く驚きました」
 「古典と現代曲の対比を面白く聴かせて頂きました。美しい管弦楽にコーラスとソロが調和し迫力もありました」
  本当に、多くのアンケートに感謝です。NAOコーラスグループの皆さん表方、ありがとうございました。
終演後のアンケートはこちら
Last Update 2019/11/11
Copyright(c) 2004 KondohNaoko Information. All rights reserved.