Top,ホーム  News,コンサート等各種お知らせ Profile,NAOコーラスグループ&近藤直子 Lessons,教室案内
 
  足立区文化功労表彰   10・11月練習予定
  ハイドン「四季」公演   10月エクササイズ
  すみだ音楽祭2019   10月音楽基礎講座
  海の日ジョイントコンサート  
  NAOコーラスグループ公演のお知らせ    

近藤直子インフォメーション

このサイトでは合唱指揮者・近藤直子の活動に関する話題、コンサート、イベント等の案内、また 近藤直子が指導するNAOコーラスグループの様々な情報をいち早く皆様にお届けしていきます
 
 

 近藤直子氏が「令和元年度足立区表彰(文化功労)」を10月に受賞されました。
 足立区との縁は、かつて五色桜が植樹された旧土手の一角にある堀之内町に居住してからで、約半世紀が経過しました。余談ですが春先、道沿いの桜は種類もあって見栄えがします。

 音大生の頃、反回神経麻痺により発声困難な状態に陥りました。故米山文明先生の診療により、奇跡的に「声」が復活します。一時音楽留学のため西ドイツに渡ります。その海外留学を通して喉を壊さない合唱指導への志が強くなりました。ドイツの統合の翌年に帰国します。
 そして、地元足立でも活動を始めます。地域センターから講師の要請があり、そのユニークな指導法は足立区の情報誌「Aダッシュ」に取り上げられました。また「国技館5000人の第九」の指導者としても活躍しました。

 一方先述の米山先生との縁から「呼吸と声」の研究は合唱指導の骨格になると考え、西欧では先端をいく「Atem-tonus-ton」の資格習得のため、国内はもとより海外受講などを経て実践と実績を積みました(現在では、ATT指導者育成コースを終了)。
 指導の目的は、多くの人がまだ自分でも分かっていないその人の本来の声を引き出すことにあり、個性溢れる一人ひとりの声が響き合う合唱をめざしたわけです。かつ個々の指導にも当たれるように、エクササイズのグループレッスンを地道に続けて来ました。

 ずっと自転車操業なのですが、21世紀に足立区で立ち上げた「歓喜の演」の事業は継続し、専従指導のNAOコーラスグループでは先日20周年のお祝いの会を開いていただけました。
 今後とも呼吸と声をつなぐエクササイズの考え方を広め実践することに挑戦していきます。
Last Update 2019/10/9
Copyright(c) 2004 KondohNaoko Information. All rights reserved.