Top,ホーム News,コンサート等各種お知らせ Profile,NAOコーラスグループ&近藤直子 Lessons,教室案内
 
海の日ジョイントコンサート   7・8・9・10月練習予定
第22回演奏会   7・8月エクササイズ
産経MAP五色桜の会   7・8月音楽基礎講座
第15回研究発表会    
ふれあいの丘春合宿    
 

近藤直子インフォメーション

このサイトでは合唱指揮者・近藤直子の活動に関する話題、コンサート、イベントなどの案内、また 近藤直子が指導するNAOコーラスグループのさまざまな情報をいち早く皆様にお届けしていきます
 


恒例の「海の日ジョイントコンサート」が開催されました
コンサートにあわせ豪雨災害被災者への義援金募金活動を行いました
NAOコーラスグループ第22回演奏会のチラシを掲載しました
産経MAP「下町マガジン〜注目のこの人〜」で五色桜の会の活動が紹介されました
第15回「声を育てるエクササイズ」研究発表会の写真を掲載しました
恒例の春合宿を大田原市「ふれあいの丘」で実施しました
茶居留都でエクササイズの研究生と劇団の俳優さん有志による歌会が開催されました
2018年3月 ATT(心と身体と呼吸のバランス)の指導者と共に
五色桜の会主催「日米友好桜と尾崎行雄の信念」講演会が開催されました
五色桜の会主催の「日米友好桜と尾崎行雄の信念」講演会のチラシを掲載しました
NAOコーラスグループ第22回演奏会の団員募集概要はこちら
これまでの近藤直子のお便りはこちらからどうぞ
 

 恒例の7月の「海の日ジョイントコンサート」が、今年は全国的な猛暑のなか、ギャラクシティ西新井文化ホールで開催されました。主催は足立区合唱連盟で近藤直子新理事長のもと、推計では出演者、連盟スタッフ、更に観客との合算で2,000名を越す大事業(足立区共催)となりました。

 折しも西日本をはじめ平成30年7月豪雨で未曽有の災害が発生しました。被災された方々への義援金を募ろうと呼び掛けがあり、役所とも連絡をとり了解を取り付け、前日に理事長が準備された募金箱を、本番当日スタッフが会場内に持ち廻り声掛けをしました。
 公演後、義援金の担当部署である足立区地域のちから推進部 地域調整課管理係において募金箱を開封し金額を確認して頂きました。1,000円札が100枚以上入っており総額は、164,417円( 写真はこちら)でした。区を通し日本赤十字社へ届けられます。皆様のご理解、ご厚情に感謝です。

 また、学生の部(午後12時〜14時30分)の「足立区中学校合同合唱団」(11校、250名)による「あすという日が」(山本 瓔子作詞、八木澤 教司作曲)の演奏(2011年の「東日本大震災」の復興祈願の演奏を仙台市立八軒中学校が果たす)の前に、森山先生からの提言もあって会場全体で黙祷を捧げました。
 この日のコンサートは、加盟団体(28団体)の運営費用及びスタッフ動員で児童・学生の演奏の場を提供し、区内の公立や私立の各学校に募集をかけ実施されています。本年は単独演奏で8校、更に東京足立少年少女合唱団ほか私立学校の中・高校生にも参加して頂いています。

 一般の部(午後18時〜20時30分)では、結成45年、35年など周年を迎える団体が多く出演されました。それぞれの歴史の思いを感じさせる音色に充実した一時が過ぎました。幸いにも大きな事故や怪我もなく「海の日ジョイントコンサート」は無事終了しました。
Last Update 2018/7/20
Copyright(c) 2004 KondohNaoko Information. All rights reserved.